犬猫以外の動物も診察可能な病院

動物病院の種類について

動物病院とひとくちに言っても、実はいくつかの種類があります。動物病院の種類は大まかに分けて、4種類あります。まずは、一番多いとされている院長1人に、アニマルヘルステクニシャンと呼ばれる人達が1~2人勤務している地域密着型の動物病院です。専門とする動物はそれぞれに異なり、比較的小規模の病院になりますが、人気や実績のある病院には遠方から患者が訪れる場合もあります。次に中規模の病院です。こちらは院長の他に2~3人の獣医師がいることが多く、24時間診察している所が多いです。医師の数が多いため、待ち時間が比較的短くて済みます。さらに大学の附属病院があります。大学から出る予算もあり、高価な薬を使用することができる場合もあります。しかし、人気のある病院は紹介状が必要なケースが多いです。最後に牛や豚などの家畜を主に診る獣医師がいるようです。

どんな動物でも診てもらえるの?

動物病院であるからと言って、どんな動物でも診察可能であるとは限りません。大多数の動物病院では、犬や猫など、一般的にペットとして多く飼われている動物の診察は可能と考えてよいでしょう。しかし、あまりペットとして一般的でない動物や、珍しい動物などの診察を希望している場合は、あらかじめ対応してくれる病院を探しておかなければなりません。飼っている人が比較的多い小動物なども、診察してくれる獣医師がいない場合もあります。ネットなどで診察可能な動物をリストアップしている病院も多いため、いざという時にあたふたしないためにも、自分のペットを診てくれる病院をリストアップしておくとよいでしょう。獣医師によっても得意な専門分野は異なりますので、口コミなどで人気の病院を探しておくと安心です。

© Copyright Smooth Pet Treatment. All Rights Reserved.